2013年11月30日

「くよくよしない人の頭のいい習慣術」読みました。

久々、久々〜のブログ更新です。

このところ、大掃除に向けて
読んでない本を一度読んでから
手放そうと、本をせっせと読んでいます。

「くよくよしない人の頭のいい習慣術―人は心配するようにできている 」
を読みました本

心配症に、おすすめの本です^^
私もなんということもないことを心配したりしますが
なんていうんでしょう。
心配や不安をじっくり考えることによって
心配や不安自体に詳しくなりマスターして
心の平安を得る、というような
骨太の内容に思いましたひらめき

それは、強いことですね。

未来をネガティブにとらえたら、心配。
過去をネガティブにとらえたら、後悔。
現在もっている、不安や喪失感。

たとえば今、差し迫ったこともなく
何も起こっていないというのに
心配や後悔ができるということは
ある意味、優れているような気さえしてきます。

処方箋は、
心配は、準備などのリスクヘッジへ
後悔は、反省として改善へ。
今に、平安を。自由と見通しの良さを。

開き治るじゃないけど
いたって、シンプルですね。

わかっちゃいるけど、、。
それでいいのだと思います。

無理をしても仕方がないし、
仕方もわからないし、
何度も、弓を揺らすように揺れながらも、
何度もわかれば、いいのだと思います。

でも早くわかって、楽になりたい。
わたしを含め、そういう人に
おすすめの本です。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by おむすび at 21:45| Comment(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする