2011年11月10日

神棚についてあれこれ

神棚ってお祀りされてますか?

信仰の形は世界各地で違えど、

やはり日本に伝わる

神棚…というものは

日本の尊い習慣だなあと思います。

お家に神棚はございますでしょうか?

おすすめのメルマガがあります。

良かったらどうぞ^^♪♪

神さまといっしょ 〜神主と学ぶ、イイ神棚選びと神社のお話
http://archive.mag2.com/0001308051/index.html

我が家の神棚はこんな感じです〜^^




にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by おむすび at 06:47| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

8月8日全国の出雲大社で復興のための祈りが捧げられます

8月8日、全国の出雲大社で10時から、

震災復興支援のための

お祭りを一斉にするそうです。

参列自由ですので、お近くに出雲大社がございましたらいかがでしょうか…^^

http://izumosan-sagami.seesaa.net/article/218476868.html

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by おむすび at 00:30| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

神社の大祓と感情手放しのステップは似ている…

6月も半ばをすぎましたね。

昔の一年は、今の半年だったそうで、6月30日は大晦日だったそうです。

その日に、日頃の罪、ケガレを払う大祓という風習が

今も受け継がれ、神社などで行われています。

みんなで集まって、茅の輪をくぐって、大祓祝詞を読みます。



この大祓祝詞の展開が、先に書かせていただいた

感情手放しのステップに似ているなと感じていますひらめき

http://omusubikokoro.seesaa.net/article/210218894.html


由緒あるものを、本当にすごくざっくりした訳で、たいそう申し訳ないのですが


「この世の中では、罪やケガレが起こってくるのは仕方のないことです。

 そうしたときは、みなで集まって、この祝詞を読み罪、ケガレを神様へ預けてしまいましょう。

 その罪ケガレは、海へ流れ、のみこまれ……うんぬんかんぬん…

 最後の神様がさすらってうっかり落としてしまいます。」


というような意味だったかと思います。


思ったのは…


手放すべき、問題に焦点をあてること

そしてその問題を、あれこれ加工したりして

最後にはなんだかどこかへ忘れてしまうような…。


そんな展開が似ているように思えました…。

平安時代から受け継がれてきた行事だそうです。

祝詞自体にも大変強いお力が宿っているのでしょう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by おむすび at 00:12| Comment(0) | 神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする