2014年08月04日

久々の…

久々の…日記です。

自分でいたい、そう思います。

ただ、一人ではできないことがあって。

一般的な段取りとか、常識での
チームワークとかより
もっと深いところで繋がって
例えば、二人とかで
何かと成そうとするときに。

相手に心を囚われてしまうような
自分の殻をやぶれなくて
繋がれないような。

そんな自分が嫌ですね。

パートナーシップを組んで
素晴らしいときや、想い出や
ものを一緒に創造したいだけなのに。。

振り向いてもらえなくて
気づくと、どうしても
一人になってしまうのですよね。

でも一生懸命、一人の自分と
向き合ったら、そこで
自信が一つ、つくかもしれないし
歩き続けていたら
がんばっていたら
誰かが見ていてくれて
嬉しいことへ
繋がる瞬間もくるかもしれない。。

繋がりをあたためながら
ときには逃げたくもなるし
面倒なときもあるし
いろいろ大変なんだけど。。

大変なんだけど
何となく惨めなところを
ぐっとこらえて
笑って話しかけている。。

この努力が正しいのか
わからないです。

もうやめようかな。
と、思いつつ
自分のコントロールできるのは
自分だけですから
自分の一歩を信頼しながら
進んでいこう。。

ラリーが続くのなら
気づいたところは
ちゃんと拾っていこう。。

それをしつつも
その相手以上の方もいるかもしれないから
制限のないところから
イメージしてみよう。
posted by おむすび at 00:08| Comment(0) | ソウルメイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

スピリチュアルな結婚

結婚前のことですが、

江原 啓之さんのこちらの本を読みました↓↓

運命の赤い糸をつなぐスピリチュアル・ブライダルブック

本当の意味で幸せな結婚、たましいを成長させる結婚。あなたにとっての最良の相手とは?
スピリチュアル・ブライダルでは、あなたを誰もが納得できる結婚へと誘います。江原啓之が魂を込めたブライダル・バイブル、ついに刊行。

結果からいうと、ただ今結婚3年目

本当に幸せだと思いますし、夫と結婚して良かったと思っています。

わたしの人生で、成功したこと納得していること、満足していることの

No1かもしれません。

それで、これからも一生のお仕事として

この結婚を、夫婦家族を続けていきたいと思っているんですね。

ご縁結びの夫婦として、自分たちだけでなく、周りの方も

幸せにできるような夫婦になりたいなと思います。


江原さんの本には励ましてもらいました。

なんでしょうね。

自分自信を知ろうとして、

自分のルーツ(家)を知ろうとして、

向かいたい未来の方向を知ろうとして、

そうして出会った結婚だと思っています。



若い頃は

相手を探していたのですが

相手に見合うようになろうと思っていたのですが

そうではなくって

自分の行く先を

探していって

というか、描いていって

そうしたら

世界の方から転がり込んでくるように

突然、夫が私の人生にやってきた

そんな感じでまとまりました。

授かり婚というわけでもないのに

結婚までは6ヶ月という早さでした。


結婚は、わたしにとっては

夫婦の和合、家の和合、命の継承、社会へのご挨拶、

パートナーシップ、

調和と愛、

そんな意味を持っているんだと

思いました。


ただそれまでは、

何年も漠然と相手を探していたり

身にならなかったり、苦しい思いをしたり、気に入らなかったり、

そんなことを何年も続けていたような…。

横道にそれることもしばしば…。

でもそれもいつかのいいタイミングに出会うまでの道のりだったのじゃないかなと思います。

もちろん、素晴らしいことも本当にたくさんあり、感謝しています。

いろいろなことを、経験させて下さり、ありがとうございました。


昔のわたしにアドバイスをするとしたら、

そのときの相手に何か求めるよりも、

自分の道を幸せに描き続けていってほしいです。


望む幸せは?パートナーシップの形とは?

何を経験し、創造したいですか?

と。


わくわくと楽しい道、努力を喜んで続けられるような

道を歩んでいって欲しいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by おむすび at 12:29| Comment(0) | ソウルメイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

カルマ Bump of Chicken

Bump of Chickenのカルマ



http://youtu.be/mTdcxQZcQAE



きっかけがあって

歌詞の意味がすっと心の奥に入ってきました。

そういうことだったんだなあ。


大切な友達の経験を聞いていました。

そのときレストランのBGMでかかっていた、この曲。


カルマ…業、因果、原因と結果という風にとらえられています。

それは、善と悪、という分断があって。

陰と陽という境目があって。


でもそれは、対極とか、

分離された表裏のセットになっていて。


境界線をなくしていくとき

一つになるんだなあって。


気付かれてくれた例は…

深く深くもぐっていくと



●やってやる…



●だめだできない…

のセット。


両方の想いを持っている。


両方を一度に経験していく。


そうすると、この二つがだんだん

一つになっていって。


この二つという分離ごと消えていく。


そういうことだったんだなあ。


もっと、そのままで、進めそうです^^

ありがとう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by おむすび at 12:33| Comment(0) | ソウルメイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする